足サラは安全?危険な副作用はあるの?成分徹底解析!

足サラ副作用

インターネットや雑誌などの広告で目にすることの多い「足サラ」。着色料などは使っていないみたいですが、その他の成分は安全なんでしょうか?

 

 

足サラは、医薬部外品に指定されているので、「薬のように副作用が出るかも?!」と不安になっちゃいますよね。(^_^;)

 

そこで、足サラには副作用があるのかどうか、成分を調べてみました。

 

 

足サラの全成分一覧

 

足サラの全成分を調べてみると、意外とシンプルな成分で出来ていました。

 

有効成分として・・

  • フェノールスルホン酸亜鉛
  • イソプロピルメチルフェノール

 

 

フェノールスルホン酸亜鉛

フェノールスルホン酸亜鉛は、汗が出る汗腺を閉じる収れん作用があって、たくさんの制汗剤に使用されています。
副作用の報告は無いので、からだに害のない成分と言えますね。

 

 

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは、殺菌剤として使用されていて、大量に使うと、まれに湿疹の原因になると言われています。
しかし、足サラに含まれているイソプロピルメチルフェノールは、体に影響のないレベルの使用量なので安心です。

 

 

その他の成分として・・
・ 無水エタノール
・ 精製水
・ ナイロン末
・ 1.3ブチレングリコール
・ タルク
・ 香料
・ メントール
・ シャクヤクエキス
・ エイジツエキス
・ ローズマリーエキス

 

 

使用されているものは副作用の心配のない成分ばかりですね。
この中の成分で聞き慣れないものと言ったら、「1.3ブチレングリコール」「タルク」くらいでしょうか。

 

1.3ブチレングリコールは、よくBGという表記でたくさんの化粧品に使用されています。保湿剤としての役割を持っていて、低刺激なので、敏感肌の方でも安心です☆タルクは、滑石と呼ばれる鉱石を粉末状にしたもので、ファンデーションやベビーパウダーなどにも使用されています。タルクは汗を吸収しつつ、肌の水分量を保つので、肌をサラサラに保つ役割があるんですよ。

 

 

足サラは副作用の心配はナシ!

 

足サラの全成分を見てみると、副作用が起こることはまず無いと言えます☆口コミを探してみても、湿疹が出た、などの副作用の報告は見つかりませんでした。

 

 

副作用が起きる原因となる着色料や石油系界面活性剤、パラベン、鉱物油を使用していないのもポイントが高いですね。不必要な成分を省くことで、シンプルかつパワフルで、からだに安全なものになっています☆「副作用が起きるか心配・・」とお悩みの方でも、安心して使うことが出来ますよ。どうしても不安だという方は、かかりつけの皮膚科の先生に相談してみてくださいね☆